ET-KINGイトキンの気になる嫁と刺青、そして病状について



メンバーのTENNさんが亡くなられ手暫くは活動を休止していたET-KINGでしたが、メンバーの厚い思いと、多くのファンに支えられ、復帰して再び私たちの前に登場してくれたET-KINGですが、現在再度グループ存続の危機に立っているそうです。

ET-KINGいときんのプロフィール

いときん プロフィール

本名:非公表(山田 よしまさ)

生年月日:1979年3月3日(39歳)

出身:兵庫県 三田市出身

職業:ET-KINGメンバー MC兼トラックメイカー

プロデュース(高平 真作名義で活動)

所属事務所:BARIKI

デビュー:1999年から活動を開始

ET-KINGのデビューまでの道のり

1999年にイトキン、TENN、KLUTCHの3人で結成されたET-KINGですが、初めはバンドとして活動をする予定だったそうです。

しかし、3人ともがヴォーカルを希望したため、バンドとして活動をしていくのではなく、ユニットとしての活動をする事になったそうです。

※前列中央が’いときん


出典:https://lineblog.me/

その後、センコウ、BUCCI、DJBOOBYが加入し、さらに2003年にコシバKENが加入した事で7人ユニットとして活動を行っていきました。

2005年にはインディーズグループながら、『流派NIGHT』のオーディションにてグランプリを獲得。

その年の12月には通天閣からほど近い場所で7人が共同生活をスタートさせたそうです。

その後、活動が実を結び、2006年7月にシングル『ドーナツ/夏大盛り』にてメジャーデビューを果たします。

イトキンの嫁や子供は居るのか?

イトキンは地元兵庫の県立有馬高等学校を卒業後、福祉系専門学校へ進学して柔道整体師の資格を取得したそうです。

その後、ET-KINGの活動を2005年より地道に続けながら2011年3月に一般女性と結婚をされています。

なお、奥様に関しては一般人の為、名前や年齢等の一切が非公表となっていて、結婚式の差異の写真などもネット上には多くアップされていますが、どれも奥様が写り込まないようにされている写真しかありませんでした。


出典:https://wpcontents.weddingpark.net/

お子様に関しても奥様同様に子供が居るかどうかすら公表されていません。

プライベートに関する情報が一切ないので、家族を守るという点でかなりイトキンさん自身が徹底をされているのだと感じます。

イトキンの刺青が凄いと話題!

イトキンの芸名の由来ですが、実は高校の時に流行っていたマンガ『僕といっしょ』の中で登場する伊藤茂こと通称イトキンに似ているということでそのまま芸名がイトキンになったんだとか。

そんなイトキンですが、刺青が凄いとかなり前から噂になっています。

ET-KINGのリーダーとしても活躍をしているイトキンですが、Tシャツから除く両腕にはガッツリ刺青が入っており、肩を出すとびっしり入っていることが分かると思います。

また、胸元にも刺青が入っているのか、タンクトップの胸元からも刺青が僅かにちらっと見えるのが確認できますね。


出典:https://ord.yahoo.co.jp/

結構しっかりとした意思と信念を持っている方なので、そういった自分の意思や自己表現を刺青に託しているのかな?と感じます。

イトキンがガンを公表

今月3日にET-KINGの公式サイトに“お知らせ”としていときんの現在の様子が初めて公表されました。

公式サイトのお知らせの無いようによると

7月26日から、大阪市内の病院に深部静脈血栓症の為入院しております。
そしてもう1つ、治療をしなければならない病気にかかっております。病名は肺腺がんです。
6月に健康診断を受けた際に発覚し、7月に細胞検査などをした結果、ステージ4の進行がんであることが分かりました。リンパ節、そして脳にも転移しております。
これから生命力を尽くし、家族、仲間と共に病気と向き合い、治療法を選択し専念していきたいと思っております。
ET-KINGいときんとしてのライブ活動はしばらく休ませて下さい。』と公表しています。
ET-KING公式サイトより引用


この公式サイト内容をORIKON NEWSにて掲載したために一気にいときんが肺腺がんであり、ステージ4だということが判明し、多くのファンが驚きと動揺を隠すことが出来ませんでした。

最後には「自分の音楽、哲学に向き合い、まだまだ作品を残したいと思っています。生きたい!!」と綴っており、深刻な病状の中、ひたむきに病気と闘っているいときんの現在の姿が想像できます。

肺腺がんとは…

2017年5月に歌舞伎役者で俳優でもある中村獅童が肺腺がんであることが公表されましたが、発見が早く、初期の初期状態にあった事からステージ1Aであり、既に手術を行い、公表後すぐの5月31日には手術を受け、2か月の休養を経て仕事復帰をされているほか、6月に女優の野際陽子さんが肺腺癌によってお亡くなりになった事が判っています。

肺腺癌は女性ホルモンに深く関わっており、喫煙をしていなくてもかかるがんで、女性より男性にかかりやすいがんだといわれています。

非小細胞肺がんの一つで、肺がんの役6割が肺腺がんといわれているそうです。

非常に進行スピードが速いのが特徴のガンで、転移にはもう片方の肺や肝臓、腎臓に移転しやすいと言われています。

肺の抹消部分に発症することが多いことから、自覚症状も少ないことから、自覚する人は少ない層です。

とは言え、中村獅童の例のように手術をして既に仕事復帰をしている事もありますので、銅かいときんさんも病気を克服して再び大勢の前のステージに立って欲しいなと思います。