鈴木梨央は名女優になれる? スタイルの良さが武器!



中学生になっても、活動の幅を広げる子役・鈴木梨央さん。

映画「LOGAN」の吹き替え役やNHKドラマ「全力疾走」が控えています。

今日は、鈴木梨央さんは名女優になれるのかということとスタイルの良さについてまとめました。

鈴木梨央プロフィール

鈴木梨央

生年月日:2005年2月10日

出生地:埼玉県

代表作:Woman、明日ママがいない、お兄ちゃんガチャ、あさが来た

所属事務所:ジョビィキッズプロダクション

2010年、芸能活動を開始。芸能活動開始のきっかけはドラマ「MOTHER」を見て「芦田愛菜のようになりたい」と思ったため。

2013年、NHK大河ドラマ「八重の桜」で主人公・山本八重(綾瀬はるか)の幼少期を演じて、注目を集める。

2014年、ドラマ「明日、ママがいない」で芦田愛菜と共演。

2015年、ドラマ「お兄ちゃんガチャ」で連続ドラマ初主演を飾る。

同年、NHK連続テレビ小説「あさが来た」でヒロイン・あさ(波瑠)の幼少期を演じ、知名度を上げる。

同年、アニメ「リトルプリンス星の王子様と私」で初のアニメ声優を務める。

鈴木梨央は名女優になれる?

上のプロフィールで見たように、鈴木梨央さんの最近の活躍ぶりは目に留まるところがあります。

NHK大河ドラマとNHK連続テレビ小説の両方で、主役の幼少期を演じたのは、鈴木梨央さんが初めてです。

2015年にはレッドカーペットを歩き、日本史上最年少の主演女優として、カンヌデビューを飾るという快挙を成し遂げています。

子役としてここまで活躍するのは、今までも類を見ないことのようで、早くも鈴木梨央さんの将来を期待する声が多く集まっています。

鈴木梨央さんの最大の魅力は無邪気な飾らない態度と笑顔にあるようです。

自然体で、等身大の少女を演じさせると、右に出る者はいないと、関係者も語っているということです。

同学年の芦田愛菜さんが最近大人びてきたのに対し、鈴木梨央さんは天真爛漫な態度を変えません。

これは「役作りとイメージを変えない」という方針を徹底しているということらしいです。

中学生の段階で、ここまで演技のことについて考えていた女優がこれまでいたでしょうか? 鈴木梨央さんはもしかすると、将来日本を代表する名女優になれるかもしれません。

スタイルの良さを武器に

鈴木梨央さんは何度も言うように、まだ中学生ですが、もっと子どものころから、ずっと魅力的だったことがあります。

それはスタイルの良さです。

↓の動画などを見てもわかるように、鈴木梨央さんは足が細長く、そのスタイルの良さは大人の女優顔負けです。

大人であるタレントのももちさんと足の長さが同じくらいだったというエピソードもあります。

もしかすると、近々、鈴木梨央さんのグラビア写真集なども発売されかもしれません。

将来、モデルとして活躍することもできるでしょう。

様々な魅力と可能性を秘めた鈴木梨央さんの未来に期待大です。

まとめ

人気子役・鈴木梨央さんについてまとめました。

鈴木梨央さんは中学生の今の段階から役作りなどを熱心に考えており、将来名女優になれる可能性が高いです。

鈴木梨央さんはスタイルが良く、将来グラビアやモデルとしても活躍できるかもしれません。

これからもその素敵な笑顔で私たちを癒してほしいです。