作家・綿矢りさは本をあまり読まない?結婚した旦那は何者? 気になるスリーサーズは?



人気の高い女性作家・綿矢りささん。

高校生のときに書いた『インストール』で文藝賞を受賞し、その後も精力的に活動している綿矢りささん。

今日は綿矢りささんと本の関係や結婚した旦那さんについてまとめてみました。

綿矢りさ(わたや りさ)のプロフィール

綿矢りさ

本名:山田理沙(やまだりさ)

職業:小説家

生年月日:1984年2月1日

スリーサーズ:非公開

カップ:Eカップ(推定)

出生地:京都府京都市

最終学歴:早稲田大学教育学部国語国文科

代表作:インストール、蹴りたい背中

2001年、高校在学時に『インストール』で第38回文藝賞を受賞する。

2002年、早稲田大学教育学部国語国文学科に入学する。

2003年、大学在学時に『蹴りたい背中」を執筆し、2004年に芥川賞を受賞する。

2006年、早稲田大学を卒業。小説家として活動を始める。

綿矢りさは本をあまり読まない?

 


引用元:https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/

作家といえば、本を大量に読んでいるイメージですが、綿矢りささんはどうなのでしょうか?

綿矢りささんの部屋には小さな本棚が3つあるくらいだそうです。

その本棚はほとんどが文庫本なんだそうです。

別に本は読まないということはないようですね。しかし、読む本はほとんどが文学作品だということでしょう。

そして綿矢りささんの本の選び方ですが、まず図書館に行き、読みたい本を選ぶそうです。

そして、実際に本を読み、「これはいい」と思った本を、書店で購入するのだそうです。

本を次から次へと買い込む人もいると思いますが、綿矢りささんはそうではないようですね。

結論から言えば、綿矢りささんは本を読まないことはないですが、「選び方」は慎重に選んでいるという感じですね。

本当に自分が気に入った本は、実際に買って、手元に置いておきたい……ということなのでしょう。

結婚した旦那は何者?


引用元:https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/

さて、綿矢りささんは2014年に結婚しました。

デビューしたのが高校生のときでしたから、月日の経つのは早いと思った人も多いのではないでしょうか?

気になるのは結婚した相手です。

調べてみると……結婚した旦那さんは国家公務員の官僚の男性だということです。

エリート中のエリートですね。どこで知り合ったのでしょうか?

なれそめは、綿矢りささんが2010年頃、小説の執筆のための取材で紹介されたのが現在の旦那さんだそうです。

綿矢りささんより2歳年下だそうです。

綿矢りささんは大学時代に大失恋をして、恋愛に憶病になっていたらしいのです。

そんな傷ついた綿矢りささんを包み込む存在が現れたということでしょうね。

作家は愛を知っていると、強い武器になりますから、これからの綿矢りささんの作品に期待大です。

これからも綿矢ワールドを見せてほしいものです。

まとめ

女性作家・綿矢りささんについてまとめました。

綿矢りささんは図書館で借りた本で、気に入ったものを購入するようです。

綿矢りささんの旦那さんは国家公務員の官僚だということでした。

これからも綿矢りささんの素敵な作品を楽しみにしています。



コメントを残す